森林認証制度で適正に管理された天然の素材を使うこと。

森林認証制度で適正に管理された森林から切り出された木材由来のセルロース

森林認証制度で適正に管理された森林から切り出された木材由来のセルロース

セルロースとは、食物繊維の主成分で、主に木材や木材チップから採取されます。Kalle社では、スポンジクロスの主原料であるセルロースの調達にも細心の注意を払っています。品質がすぐれたものであることはもちろんのこと、セルロースの原材料である木材に、環境に配慮された持続可能な森林である「森林認証制度」に認定された木材を利用しています。これは、原材料の調達によって、地球環境に負荷をかけないことを目指し、あらゆる視点から見ても「地球と共生できる」商品づくりを目指しているからなのです。

天然素材の証

天然素材の証

製品表面に見られる白い繊維状のものは、天然コットンの繊維です。スポンジクロスの強度を向上させ、耐久性を高めるため、原料主成分であるセルロースに天然コットンを配合しています。また黒または褐色の点は、天然コットン由来のコットンシード(コットンの種)になります。 いずれも製品の品質には問題ございません。つまり、これらはスポンジクロスが天然素材からできているという証なのです。